BLOG

ユニットバスのお話

今回はお風呂の「リフォーム工事」についてお話をさせていただきたいと思います。

お風呂工事のリフォームというと2通りの種類があると思います。

   ①ユニットバス工事②在来工法浴室工事の二つです。

それでは今回はユニットバスの特徴についてお話をしたいと思います。

ユニットバスは、きわめて施工スピードが早いのが特徴です。ユニットバスの床や壁はパネルとして完成した状態のものを現場で組み立てるのです。なので、製品は工場でほぼ完成したものを出荷するので現場では組み立てる作業をすれば終わりです。組み立ては基本的に1日で終了する場合が多いです。しいてあるならば、電気工事からみの場合(天井付け浴室乾燥機などの設置工事)がある場合は、別日の工事も可能性があります。しかし、給湯、給水接続工事は1日で終了しますので翌日には安心してお風呂に入ることができます。特にマンションの場合は防水性を考慮する場合もあり多く用いられています。もちろん、防水性が高いため木造一戸建てでも用いられています。近年では浴室工事の95%以上(私の直感です)はユニットバスで工事が行われていると思います。

ユニットバスのデザインは極めて多種にわたります。一番わかりやすいのは、メーカーが出店している「モデルルーム」へ行くとその雰囲気がわかりやすいです。メーカーは、リクシル、TOTO、タカラなどなどの住設機器メーカーがあります。

個人的にはTOTOの「ほっからり床」というのがいいと思いました。床にのると畳の上に乗っかっている感じしてとても柔らかいのがいいですね。これならお年寄り、子供でも転んでもケガをしにくいと思います。さすがTOTOさんだねと実感しています。

さてと、ユニットバスはとても種類が多くでておりエンドユーザーさんがわかりにくいと思います。一番いいのはやはり実際に利用している方の意見が聞けるのがいいですけど、なかなかうまくはいかないですよね。なので、やはりメーカーのショールームに行かれるのが一番いいかと思います。担当者が丁寧に説明してくれるので安心です。ただし、土日祝日は大変混みある可能性があり、じっくりと話を聞きたい場合は平日をお勧めします。そしてパンフレットを見てじっくりと選んでもらうのがよいかと思います。

以上、ユニットバスについての簡単なお話でした。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る