BLOG

タイル張り植木鉢の作り方

こんにちは。

今回は、当社が作成しているタイル張り植木鉢についてのお話をしたいと思います。当社のホームページにたくさんの植木鉢がありますが、これはすべて手作りです。正確には、陶器もしくはプラスチック製の植木鉢の上に小さなモザイクタイルを張っています。作成者は私の親である、初代社長が一つ一つ時間をかけて作成しています。ほんと一生懸命に作成している姿を見かけるととても頑張り屋さんだねと感じ入ります。一方で、私はもっぱらホームページにアップする役割です。

さて、その植木鉢ですがタイルを張る際には強力なタイル用接着剤を用います。聞きなれないと思いますが、タイル用弾性ボンドとよばれている接着剤です。このボンドはとても強力でくっついたら離れません。なので、外部のタイルにもっぱら用いられています。理由は、ずばり落ちないからです。例えば、万が一でもタイルが落下してでもしたら下にいる人は大けが必然です。高さや重さに比例しますが、大変に危険であるので絶対に落ちないようにしなければなりません。

こうしたことから、ボンドは大変接着力が強く、はがれる心配がないのでおすすめです。「絶対にはがれないの(・・?」と心配することもありますが、施工方法を間違えなければタイル自体が壁からはがれてしまうことはまずないと思います。さて、話がそれましたがその強力なボンドで当社のタイル張り植木鉢は作られていますので、まずはがれる心配はありません。安心してください!

ボンドが硬化してからいよいよ目地詰め作業です。目地セメントとよばれる材料でタイルとタイルの隙間を埋めていきます。埋め終わると、しばらくしてから水に浸して絞ったスポンジでタイルの表面をふき取ります。この作業が実に仕上がりに大きく影響します。なので、丁寧に何回もふき取ります。そしてふき取りが終わるとようやく完成です。

たまにしっかりふき取れていないと乾燥してから表面に白いセメントの結晶の筋が残ったりします。これは水では落ちないので、水で薄めた酸性の洗い水を使ってスポンジでこすると落とすことができます。この作業をするととてもきれいになるのでとても気持ちがいいものです。もちろん販売している植木鉢はすべてこの「酸洗い」済みです。

こうした作業をつうじてタイル張り植木鉢は作られています。もし、「自分でも作ってみたいな」と思われる方がいらっしゃれば当社の事務所兼倉庫にてコツをお伝えしますのでご連絡ください。以前、小学生のお子さんをつれたお母さんが子供の夏休みの自由研究で作成したいと依頼した方がいらっしゃいました。そのときは父親がしっかりと説明し、製品を完成させています。もちろん私もできますが、外回りでいない場合も多く、その時はやはりタイル張り植木鉢のプロである父親にお願いしたいと思っています。

それでは今回はこのあたりで失礼します。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る